鳩の糞による病気を知る~倉庫の糞を掃除して鳩対策~

鳩の糞の意外な事実!鳩についても知っておこう! 鳩の糞の意外な事実!鳩についても知っておこう!

倉庫周りに落とされた糞はアレルギーの原因になってしまう

鳩の糞は金属を腐食するだけではなく、身体にまで影響を及ぼします。糞があることで場所の美観が損なわれるため、臭いで不快を与えるだけではないようです。それではここで、鳩の糞によって起こる身体への害がどのようなものかを見ていきましょう。

鳩の糞はアレルギーや病気の元

鳩の糞には、寄生虫や病原菌が入っていることもあるため、クリプトコッカス症やトキソプラズマ症、オウム病などを引き起こす可能性があります。また、ハトジラミの原因によってアレルギーになる可能性もあります。このような病原菌が含まれるため、鳩の糞の放置は止めましょう。

どういった症状を引き起こすの?

皮膚炎や喘息
糞の中にはダニがいるので、そのダニが人のいる場所にたどり着くと、皮膚炎になる可能性が高くなります。また、鳩の糞の粉塵を吸い込むと喘息を発症してしまいます。鳩の糞がたくさん溜まってしまうと、このような被害に遭う確率がかなり上がってしまいます。戸建て住宅では家族全員、マンションやアパートでは住人全員に影響を及ぼす危険があります。
トキソプラズマ症
トキソプラズマ症とは、鳩の糞の中にいる「トキソプラズマ」という寄生虫が原因で発症する病気です。トキソプラズマ症にかかると、風邪のような症状が現れます。あまり危険な病気には思えませんが、これは妊婦や子ども、免疫力が低下している人が感染すると危険です。軽い風邪のようではなくて、症状が酷く悪化して現れてしまいます。

倉庫に糞をされないように鳩対策することは大切

倉庫

倉庫に糞が落ちていたら、鳩が再びやってこないように綺麗に掃除しておく必要があります。鳩は糞を落としたあと再びその場所にやってきたときに糞が残っていたら、人が来ない安全な場所と認識します。そのため、掃除で病気を防ぐことはもちろん、鳩が寄らなくなることにも繋がります。

TOPボタン